コーヒーカプセルマシンは ネスレだけじゃない

###Site Name###

コーヒーカプセルといえばやっぱりネスレでしょ、と思っている方も多いですが、日本メーカーだって頑張っているんです。

そのメーカーこそ日本を代表するコーヒー会社UCCです。

UCCは、アメリカ生まれのキーリングコーヒーシステムを採用したコーヒーカプセルマシンブリュースターを販売しています。

最大の特長は、コクのあるしっかりとした味わいのできたてコーヒーがいつでも楽しめることです。

採用したキーリングコーヒーシステムとは、カプセルに風味と香りとコクを閉じ込め、ブリュースターに専用カプセルを設置し抽出するものです。



ブリュースターの最大のメリットは、コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶も楽しめる全18種類のテイストです。

コーヒーにはUCCが厳選したベーシックローストやイタリアンロースト、キリマンジャロなど全9種類、1878年創業のヒルスコーヒーが厳選したブレンドレッドとブレンドゴールドの2種類、ローマのスペイン広場近くにある1760年創業のカフェグレコが厳選したエスプレッソローストとリッチテイストの2種類も楽しめます。コーヒー以外では、大和園が厳選した玉露をブレンドした緑茶、発酵度の高い烏龍茶、ジャスミンの花だけを使ったジャスミン茶があります。

朝日新聞デジタルの関連情報がご覧になれます。

知らない人はいないリプトンからは、レインフォレスト・アライアンス認証茶園の茶葉を100%使用したイエローラベルカプセルを用意しています。UCCの独自ブレンドしたコーヒー、アメリカの老舗コーヒーの風味、本場イタリアの味わいに加えて、緑茶や紅茶も楽しめます。


コーヒーカプセルを検討するなら、1台で様々なテイストの飲料を楽しめるUCCのコーヒーカプセルマシンブリュースターがおすすめです。